ビジネス・旅行や留学時に大連ウィークリーマンションをご利用ください。ホテル 旅行 出張 サービスアパートメント ホテル式格安ホテル 大連ウィークリーマンションの公式サイトです。

大連 ウィークリーマンション 賃貸マンション

大連 不動産
大連金利不動産

代表 代表取締役 渠波(キョ ハ) 日本経験7年間
社員数 16名
設立年月日 2003年12月24日
資本金 50万
事業目的  不動産の売買、仲介、不動産コンサルティング、投資家向け、市場調査、ウィークリマンション経営
登録免許  2000000012
加盟団体 社団法人 大連不動産経営協会会員
関連会社 大連日商サービス会社

所在地
本店
〒116001
大連市中山区友好路101号マンハッタンビル4115室
TEL 0411-8253-7837
FAX 0411-8253-7117
URL : 大連金利不動産
mail : 大連金利不動産への御問い合わせ
上記の方法でうまくいかない場合は下記アドレスへメールして下さい。

dalian_stay@yahoo.co.jp

ソフトパーク支店 

大連市軟件園1号大連軟件園企業服務大庁
(DLSP) 1F
TEL 0411-8475-6127 

お問い合わせはこちらまでLinkIcon
上記の方法でうまくいかない場合は下記アドレスへメールして下さい。

dalian_stay@yahoo.co.jp

[経営管理方針]

大連不動産経営協会の会員である金利不動産は1996年に設立されました。 また、資質認証を取得し、不動産渉外賃貸、投資、マーケティングなどを全般的に取り扱う経営管理有限会社です。
専門スタッフにより日本人のお客様向けのきめ細かいサービスを提供しています。 日本と大連の異なる居住理念と生活方式をふまえ、日本人のお客様に満足していただける不動産投資、賃貸、生活に関するサービスを提供しています。
大連の日本企業様をはじめ各種団体の皆様からも高い評価を頂いています。弊社のモットーは完璧なアフターサービスの提供です。 お客様が大連滞在中に遭遇するさまざまな問題に対して誠意をもって解決のお手伝いをいたします。
弊社は今後、中国内の急速な国際化の中でたゆまぬ努力を続けてまいります。 外国企業ならびに個人様との密接かつ友好的な関係を築くために経営スタイルとサービスのメカニズムを絶えず改善し、お客様の満足を追及します。
あなたの快適な大連生活のために私たちスタッフが心を込めてお世話します。

[大連 不動産投資部からのメッセージ]

大連の不動産はこれまで着実に値上がりしてきており、今後も同様の傾向が予測されます。私たちはあなたが投資した不動産が最大限の利益を生むよう、 アドバイス・投資実行の代行・管理を行います。
賃貸物件に投資した場合、3年間の一括借上げ・運用もお引き受けします。

[大連 賃貸部からのメッセージ]

 大連で部屋をお探しの方に賃貸物件をご案内します。初めて大連を訪問するお客様にもご安心いただけるよう ご希望に合わせて最適の物件をご紹介いたします。
 あなたの快適な大連生活のために私たちスタッフが心を込めてお世話します。

大連金利不動産では、ご契約頂いたお客様全てに対して、ご入居後の日常サポートをさせて頂きます。突然のトラブルでも、ご連絡頂ければ速やかに対応致しますし、もちろんアフターサービスの料金はいただきません。 我々は問題解決に向けて、常にお客様の為になにができるかを考え抜き、懸命に対応させて頂いております。

 大連金利不動産が届けする中国大連賃貸マンションサイトをご訪問頂きまして大変ありがとうございます。大連に進出を目指される日本の企業様のオフィス開設や、腰を据えての長期の出張、中国に就職される方や留学する学生さんのお役に立てるよう親切丁寧に、大連賃貸マンション情報、マンスリーマンション・ウイクリーマンション情報・業者様の情報、ビジネス、情報交換などをお伝えしてまいりますので、どうぞよろしくお願いします。
 大連での快適な生活とお住いのことなら、大連では老舗の不動産である、大連金利不動産にお任せください。日本のお客様に、大連で安全・快適に滞在して頂けるよう、高級賃貸マンション、サービスアパートメント式ウィークリーマンションなどお住い選びをお手伝いします。

 大連金利不動産は日本人のお客様に不動産への投資コンサルティング、高級賃貸マンション、賃貸店舗、賃貸工場、賃貸事務所など物件の委託管理、不動産仲介など不動産代理業務の総合的なサービスを提供します。大連滞在時のウィークリーマンション・ホテルなどもご要望に応じてお世話します。

・不動産の売買、高級賃貸マンションの仲介、不動産購入相談、不動産投資コンサルティング、投資家向け市場調査、サービスアパートメント式ウィークリマンション経営、法人、個人向け不動産顧問


 地形
じがた
土地の平面的な形状をいうが、傾斜、起伏などの状態を含めていうのが普通である。「じぎょう」と呼ばれることもある。

平坦で正方形に近ければ「整形」、いびつな形であれば「不整形」であるとされ、同じ面積でも価格が異なる。

 大連 アセットマネジメント(Asset Management)

大連 あせっとまねじめんと
委託を受けて不動産などの資産の形成、運用、保全を行なうことをいう。
その際に重要なのは、投資目的に沿ってリスクとリターンをコントロールすることであり、資産価値を評価するほか、投資内容や投資先の分散、投資期間の設定などについて工夫することが要求される。
また、その業務は多岐にわたり、例えば不動産を組み込んだアセットマネジメントにおいては、投資不動産の選定や売買だけでなく、不動産の収益性を左右する賃料の設定、テナントの選定などの業務にも関与する。
受託の方法として、大きく信託による方法と受委託の契約による方法とがあるが、その業務は、前者は主として信託業法によって、後者は主として金融商品取引法や宅地建物取引業法などによって規制されている。

[売買仲介事業]
新築マンション、中古マンション賃貸物件などの売買仲介をします。当社の持つネットワークを駆使して、ご希望に沿ったお相手をご紹介いたします。 詳しくはお電話にてご相談ください。

売却代金の日本送金
 日本では、中国に投資しても最終的に外貨に交換して日本に送金できないという間違ったうわさが流れているように思います。一面ではこのようなケースも考えられますので全く間違いとは言えませんが、実際にこれが本当であれば、なぜ今海外から中国に投資する人が増えているのでしょうか?
この問題は、かなりややこしい中国の外貨管理規制の問題と絡んでいます。つまり中国政府としては、外貨保有高を維持する目的で、人民元を自由に海外に持ち出せないようするために、外貨交換に対しさまざまな規制を引いています。
ここで中国の外貨管理について簡単に説明しましょう。外国との取引は大きく、経常取引と資本取引に分類されます。不動産の購入は、中国から見ると会社の設立のための資本金送金と同じく、資本取引に分類されます。資本取引の大原則として、外国から持ち込んだ外貨はこれを人民元に転換して運用し、その後元本回収のために海外に送金することは可能です。但し、国内調達した人民元を不動産の購入に当てた場合、資本の出所が外国ではないことからこの人民元調達部分に相当する元本及びキャピタルゲインを国外に送金することはできません。外貨での借り入れであれば国外での銀行借り入れは無論ですが、中国に支店のある外国銀行からの借り入れも国外調達資金としてカウントされます。頭金 40 %を自己資金で、ローン 60% を外貨借り入れでという組み合わせであれば、 100% 国外からの調達資金となり、購入元本及びキャピタルゲインを国外に 送金 することが可能になります。

大連 マンション・不動産 大連金利不動産 大連ウィークリマンション

もうひとつの原則としては、法人及び個人間の国内取引は人民元が原則というものです。
ここでは不動産を中国国内の個人(または法人)に人民元で売却する場合と、国外の個人(または法人。中国国内の個人、法人で海外に決済外貨口座を持つものを含む。)に外貨で売却する場合の代表的な2つのパターン(下記 a、b)についてその手続を説明しましょう。
a)不動産を中国国内の個人(または法人)に人民元で売却する場合 人民元での売却代金はまず売主が国内に開設した人民元口座に振り込まれます。人民元で受けた売却代金は、以下の必要資料を揃えた後に外貨に交換し、送金することができます。
① 不動産譲渡契約書(売買価格の人民元表記が必要)
② 土地資産管理局の発行する所有権移転証書
③ 売主が発行する請求書及び販売統一領収証
④ 外貨管理局の発行する海外送金に対する承認証書
⑤税務局の発行する免税証明(或いは完納証 ( 営業税及び所得税 )
③の販売統一領収証とは、税務局の発行する公的な領収証で、外国籍個人が不動産を転売する際には、管轄の税務局に依頼して発行してもらいます。
④の外貨管理局の承認に際しては、上述の資金調達源泉が 100% 国外であるかどうかがポイントになります。人民元ローンを事後的に外貨ローンに借り替える場合はその紐付け関係がはっきりしているかどうか(不動産購入のためのローンと言えるか)を説明できるように、金額の一致、借入れ目的の記載等の点に注意します。
⑤の免税証明は、管轄の税務局に発行を依頼します。また売却収入に営業税、譲渡益に所得税の納税が必要な上海以外の地域では税務局から発行される納税領収証(完納証)を提出します。 これは売却代金を海外に送金する際の手続ですので、受け取った人民元を別の不動産に再投資するなど、中国内で保有・再活用する分には外貨管理局の規制を受けることはありません。
b) 不動産を国外の個人(または法人)に外貨で売却する場合
不動産を日本人或いは香港人、台湾人或いは国外に決済口座を持つ中国人に販売する場合には代金が国外で決済されるのが通常です。売却対象として海外口座を有する個人・法人をターゲットとするのであれば中国の外貨管理規制をそれほど意識する必要はないでしょう。一方で将来の売却対象を広く取っておきたいのであれば a) のとおり、資金調達スキームを購入時に十分検討しておく必要があります。
大連
中国・大連、屈指のビジネス・観光街に近い立地でありながら、都心とは思えない静寂がそこには広がっている。大連マンンション・グリーンヒルズにおける静寂さは、大連がもたらす歴史と伝統によるものである。そしてそこにそびえる高層の高級マンションも、その歴史豊かな環境に溶け込むように、大連アカシヤ並木をモチーフとしている。
平日はオフィスに通い、休日は大連の静けさに囲まれて自らをリセットする。そして、高層に位置する眺める美しい夜景は、疲れを癒し、明日への活力を与えてくれるに違いない。

大連通信大連hp開発大連海かもめ大連クラブ1大連中国茶大連クラブ2大連鳥栖タイムス大連シーガル大連金利不動産中国サイト大連ノウハウサイト大連鹿毛大連ala大連金利不動産大連ブログ大連観光ガイド大連金利不動産ブログ大連nfsサーバ大連ブログ大連コンサル大連クラブ3

社名: 大連 金利不動産

大連金利不動産は日本人のお客様に不動産への投資コンサルティング、賃貸マンションなどの物件の委託管理、仲介など不動産代理業務の総合的なサービスを提供します。大連訪問時の滞在型ウィークリーマンション・ホテルなどもご要望に応じてお世話します。

総経理 渠波(キョハ)

 大連でのお部屋探しから生活面のご相談、サポートまで安心してお任せください。中国大連にて、マンション、一戸建て等の売買物件の紹介、賃貸マンション、店舗、貸事務所、住み替え、売却の相談なら弊社へご相談ください。

大連 不動産 金利不動産
総経理:渠波(キョハ)
(+86) 138-9848-9132

大連金利不動産が届けする中国大連ウィークリーマンション・賃貸マンション・大連の不動産売買専門WEBサイトをご訪問頂きまして大変ありがとうございます。大連に進出を目指される日本の企業様の賃貸オフィス開設や、腰を据えての長期の出張、中国に就職される方や留学する学生さんのお役に立てるよう親切丁寧に、大連の高級賃貸マンション情報、マンスリーマンション・ウィークリーマンション情報や、業者様の情報、ビジネス、情報交換などをお伝えしてまいりますので、どうぞよろしくお願いします。
 大連での快適な生活とお住いのことなら、大連では老舗不動産の、大連金利不動産にお任せください。日本のお客様に、大連で安全・快適に滞在して頂けるよう、高級賃貸マンション、サービスアパートメント式ウィークリーマンション、賃貸オフィス・事務所、賃貸店舗などお住い選びをお手伝いします。

大連金利不動産は日本人のお客様に不動産への投資コンサルティング、賃貸マンションなどの物件の委託管理、仲介など不動産代理業務の総合的なサービスを提供します。大連訪問時の滞在先ウィークリーマンション・ホテルなどもご要望に応じてお世話します。
中国・大連 不動産トピックス
大和ハウス工業は17日、中国で分譲マンション18棟(総戸数902戸)を建設し、11月に発売すると発表した。中国で日系企業の全額出資子会社がマンション開発を手がけるのは初めてで、今後の中国事業の足がかりにする考えだ。中国では、不動産市場がいち早く回復傾向で、投資が再び活発化している。日本国内の不振に悩む日系企業の進出も加速しそうだ。
中国・大連 不動産投資情報
マッキンゼー調研がこのほど発表した調査結果で、中国の2008年富裕家庭数は160万戸で16パーセントの伸びとなり、2015年には400万戸を超えることが見込まれることが明らかになった。同時に中国はアメリカ、日本、イギリスに次いで4番目の富裕家庭数となる。富裕家庭の年間消費額は200万人民元以上で、2016年には富裕族の贅沢品消費額は264億米ドル、年配の富裕族の消費額は180米ドルに達すると見込まれている。
大連ニュース
中国の温家宝首相は11日、パタヤで国内外メディアに対し、2009年3月の工業生産が前年同月比8.3%増加したことを明らかにした。同1―2月は前年同期比3.8%増にとどまっており、昨年秋以降から停滞していた中国の工業生産に回復傾向の兆しが出てきている。温首相は「(日本円で58兆円の景気刺激策など)推進した政策の効果が出始めている」と強調。今年第1四半期(1―3月)の工業生産は5%以上の伸びを確保できるとした。もっとも「中国経済は外需の減少、財政収入の減少、就業難など大きな困難を抱えている」(温首相)との認識も示した。足元では、自動車の国内販売が回復基調にあるほか、3月のマンション販売も北京、上海、大連市など大都市を中心に急回復している。

中国は実質経済成長率8%の実現をめざし、金融面で景気をけん引する姿勢を強めている。19日まで3日間の日程で開かれた博鰲(ボーアオ)アジアフォーラムで、中国銀行業監督管理委員会の劉明康主席と中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁はそれぞれ、銀行融資の拡大と柔軟な金融政策を続ける考えを強調した。
 銀行融資については1―3月期の全国ベースの増加額がすでに4兆5800億元(約66兆円)と、今年(1―12月期)の年間目標である5兆元をほぼ達成した。しかし、銀行監督当局トップである劉主席は「5兆元は上限ではない。8%成長の目標を達成させるためには銀行の役割が非常に大きい」と述べ、今後も融資拡大を促す姿勢を示した。
 劉主席は、融資の急拡大が不良債権を生むとの懸念が出ていることに対して「1―3月期の融資には必ずリスクは含まれている。だが、それはコントロールできる範囲だ」と語った。
中国・大連ニュース