ビジネス・旅行や留学時に大連ウィークリーマンションをご利用ください。ホテル 旅行 出張 サービスアパートメント ホテル式格安ホテル 大連ウィークリーマンションの公式サイトです。

大連 ウィークリーマンション研修生派遣 賃貸マンション

大連 研修生派遣

各職種研修人員を派遣する部門です。研修人員を対外派遣する経営権を持っておりますから、世界各地へ各種技術研修生を派遣することができます。長年間以来、当社はロシア、日本、シンガポール、サウジ、カナダ、イスラエルなどの国へ各種技術研修生4000人あまりを派遣し、その中には、建築、電気溶接、食品加工、水産加工、木材加工、縫製、電子などの研修生専門人員が多数となっております。会社管理の正規化のため、対外派遣の研修生達は素質がよくて、雇用者からいい評判をいただきました。いまの派遣人員数は年毎に増えるようになってきました。そして、ISO2001質量管理体系の基準に応じるフィルムを作成し、中国質量認証会社に認可されました。
当社は熱心で国内外各界の支持、提携、お互いに協力し、対外労務派遣事業に貢献できますよう心より願っております。

日本への研修生派遣業務

優秀な中国人研修生を派遣致します。日本の優れた技術技能を、実務を通して途上国の発展の担い手である若い研修生に移転することを目的として、創設された制度です。日本の企業が研修生を受入れることは、研修生の母国の技術発展に寄与することであり、国家間の技術交流を推進することです。 1年間の研修終了後、技能検定試験を受験し合格すると、技能実習生として更に2年間企業で技術の習得を行います。

 大連の研修生として、若手労働力の確保、職場の活性化
日本の少子化・高齢化社会が進む中、若手労働力不足の問題が深刻化しつつあります。若年層の中国人研修生の受入れにより、職場が活性化されると共に、より一層仕事の効率を高めることができます。優秀な中国人研修生の受け入により、産業振興の担い手となる人材を育成し、中国の経済発展を促進すると共に、貴社の国際的なイメージアップに繋がります。また、中国進出の足掛かりにもなります。

大連 不動産
大連金利不動産

代表 代表取締役 渠波(キョ ハ) 日本経験7年間
社員数 16名
設立年月日 2003年12月24日
資本金 50万
事業目的  不動産の売買、仲介、不動産コンサルティング、投資家向け、市場調査、ウィークリマンション経営
登録免許  2000000012
加盟団体 社団法人 大連不動産経営協会会員
関連会社 大連日商サービス会社

所在地
本店
〒116001
大連市中山区友好路101号マンハッタンビル4115室
TEL 0411-8253-7837
FAX 0411-8253-7117
URL : 大連金利不動産
mail : 大連金利不動産への御問い合わせ

ソフトウェアパーク(ソフトパーク)支店

大連市軟件園1号大連軟件園企業服務大庁(DLSP) 1F
TEL 0411-8475-6127 

お問い合わせはこちらまでLinkIcon
上記の方法でうまくいかない場合は下記アドレスへメールして下さい。
dalian_stay@yahoo.co.jp


[経営管理方針]

大連不動産経営協会の会員である金利不動産は1996年に設立されました。 また、資質認証を取得し、不動産渉外賃貸、投資、マーケティングなどを全般的に取り扱う経営管理有限会社です。
専門スタッフにより日本人のお客様向けのきめ細かいサービスを提供しています。 日本と大連の異なる居住理念と生活方式をふまえ、日本人のお客様に満足していただける不動産投資、賃貸、生活に関するサービスを提供しています。
大連の日本企業様をはじめ各種団体の皆様からも高い評価を頂いています。弊社のモットーは完璧なアフターサービスの提供です。 お客様が大連滞在中に遭遇するさまざまな問題に対して誠意をもって解決のお手伝いをいたします。
弊社は今後、中国内の急速な国際化の中でたゆまぬ努力を続けてまいります。 外国企業ならびに個人様との密接かつ友好的な関係を築くために経営スタイルとサービスのメカニズムを絶えず改善し、お客様の満足を追及します。
あなたの快適な大連生活のために私たちスタッフが心を込めてお世話します。

[大連 不動産投資部からのメッセージ]

大連の不動産はこれまで着実に値上がりしてきており、今後も同様の傾向が予測されます。私たちはあなたが投資した不動産が最大限の利益を生むよう、 アドバイス・投資実行の代行・管理を行います。
賃貸物件に投資した場合、3年間の一括借上げ・運用もお引き受けします。

[大連 賃貸部からのメッセージ]

 大連で部屋をお探しの方に賃貸物件をご案内します。初めて大連を訪問するお客様にもご安心いただけるよう ご希望に合わせて最適の物件をご紹介いたします。
 あなたの快適な大連生活のために私たちスタッフが心を込めてお世話します。

大連金利不動産では、ご契約頂いたお客様全てに対して、ご入居後の日常サポートをさせて頂きます。突然のトラブルでも、ご連絡頂ければ速やかに対応致しますし、もちろんアフターサービスの料金はいただきません。 我々は問題解決に向けて、常にお客様の為になにができるかを考え抜き、懸命に対応させて頂いております。

 大連金利不動産が届けする中国大連賃貸マンションサイトをご訪問頂きまして大変ありがとうございます。大連に進出を目指される日本の企業様のオフィス開設や、腰を据えての長期の出張、中国に就職される方や留学する学生さんのお役に立てるよう親切丁寧に、大連賃貸マンション情報、マンスリーマンション・ウイクリーマンション情報・業者様の情報、ビジネス、情報交換などをお伝えしてまいりますので、どうぞよろしくお願いします。
 大連での快適な生活とお住いのことなら、大連では老舗の不動産である、大連金利不動産にお任せください。日本のお客様に、大連で安全・快適に滞在して頂けるよう、高級賃貸マンション、サービスアパートメント式ウィークリーマンションなどお住い選びをお手伝いします。

 大連金利不動産は日本人のお客様に不動産への投資コンサルティング、高級賃貸マンション、賃貸店舗、賃貸工場、賃貸事務所など物件の委託管理、不動産仲介など不動産代理業務の総合的なサービスを提供します。大連滞在時のウィークリーマンション・ホテルなどもご要望に応じてお世話します。

・不動産の売買、高級賃貸マンションの仲介、不動産購入相談、不動産投資コンサルティング、投資家向け市場調査、サービスアパートメント式ウィークリマンション経営、法人、個人向け不動産顧問


 現在中国は、高度経済成長の真っ只中にあります。改革・開放政策が実施された1978年以降、実質GDP成長率は年平均9%程度にも達しています。
高度経済成長を続ける中国・大連で不動産価格が年々、上昇しています。投資過熱を抑制するマクロ政策の結果、中国全体の不動産価格は調整が行われた時期もありましたが、中・長期的にはキャピタルゲインが狙える可能性が高い市場であるといえます。

 中国の統計局の最新統計によると、今年1-10月の中国の分譲マンション価格は、引き続き上昇していることがわかりました。 調査資料によると、1-10月の中国における新築分譲マンション価格指数は108.4%で1-9月比0.1%の増となりました。うち普通住宅価格指数は累計111.0%で1-9月比0.1%の増、中古マンション価格指数は109.8%で1-9月比0.1%の増となりました。10月当月の住宅価格指数は110.7%、9月比0.4%の増となりましたた。

社名: 大連 金利不動産

大連金利不動産は日本人のお客様に不動産への投資コンサルティング、賃貸マンションなどの物件の委託管理、仲介など不動産代理業務の総合的なサービスを提供します。大連訪問時の滞在型ウィークリーマンション・ホテルなどもご要望に応じてお世話します。

総経理 渠波(キョハ)

 大連でのお部屋探しから生活面のご相談、サポートまで安心してお任せください。中国大連にて、マンション、一戸建て等の売買物件の紹介、賃貸マンション、店舗、貸事務所、住み替え、売却の相談なら弊社へご相談ください。

大連 不動産 金利不動産
総経理:渠波(キョハ)
(+86) 138-9848-9132

大連金利不動産が届けする中国大連ウィークリーマンション・賃貸マンション・大連の不動産売買専門WEBサイトをご訪問頂きまして大変ありがとうございます。大連に進出を目指される日本の企業様の賃貸オフィス開設や、腰を据えての長期の出張、中国に就職される方や留学する学生さんのお役に立てるよう親切丁寧に、大連の高級賃貸マンション情報、マンスリーマンション・ウィークリーマンション情報や、業者様の情報、ビジネス、情報交換などをお伝えしてまいりますので、どうぞよろしくお願いします。
 大連での快適な生活とお住いのことなら、大連では老舗不動産の、大連金利不動産にお任せください。日本のお客様に、大連で安全・快適に滞在して頂けるよう、高級賃貸マンション、サービスアパートメント式ウィークリーマンション、賃貸オフィス・事務所、賃貸店舗などお住い選びをお手伝いします。

大連金利不動産は日本人のお客様に不動産への投資コンサルティング、賃貸マンションなどの物件の委託管理、仲介など不動産代理業務の総合的なサービスを提供します。大連訪問時の滞在先ウィークリーマンション・ホテルなどもご要望に応じてお世話します。
中国・大連 不動産トピックス
大和ハウス工業は17日、中国で分譲マンション18棟(総戸数902戸)を建設し、11月に発売すると発表した。中国で日系企業の全額出資子会社がマンション開発を手がけるのは初めてで、今後の中国事業の足がかりにする考えだ。中国では、不動産市場がいち早く回復傾向で、投資が再び活発化している。日本国内の不振に悩む日系企業の進出も加速しそうだ。
中国・大連 不動産投資情報
マッキンゼー調研がこのほど発表した調査結果で、中国の2008年富裕家庭数は160万戸で16パーセントの伸びとなり、2015年には400万戸を超えることが見込まれることが明らかになった。同時に中国はアメリカ、日本、イギリスに次いで4番目の富裕家庭数となる。富裕家庭の年間消費額は200万人民元以上で、2016年には富裕族の贅沢品消費額は264億米ドル、年配の富裕族の消費額は180米ドルに達すると見込まれている。
大連ニュース
中国の温家宝首相は11日、パタヤで国内外メディアに対し、2009年3月の工業生産が前年同月比8.3%増加したことを明らかにした。同1―2月は前年同期比3.8%増にとどまっており、昨年秋以降から停滞していた中国の工業生産に回復傾向の兆しが出てきている。温首相は「(日本円で58兆円の景気刺激策など)推進した政策の効果が出始めている」と強調。今年第1四半期(1―3月)の工業生産は5%以上の伸びを確保できるとした。もっとも「中国経済は外需の減少、財政収入の減少、就業難など大きな困難を抱えている」(温首相)との認識も示した。足元では、自動車の国内販売が回復基調にあるほか、3月のマンション販売も北京、上海、大連市など大都市を中心に急回復している。

中国は実質経済成長率8%の実現をめざし、金融面で景気をけん引する姿勢を強めている。19日まで3日間の日程で開かれた博鰲(ボーアオ)アジアフォーラムで、中国銀行業監督管理委員会の劉明康主席と中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁はそれぞれ、銀行融資の拡大と柔軟な金融政策を続ける考えを強調した。
 銀行融資については1―3月期の全国ベースの増加額がすでに4兆5800億元(約66兆円)と、今年(1―12月期)の年間目標である5兆元をほぼ達成した。しかし、銀行監督当局トップである劉主席は「5兆元は上限ではない。8%成長の目標を達成させるためには銀行の役割が非常に大きい」と述べ、今後も融資拡大を促す姿勢を示した。
 劉主席は、融資の急拡大が不良債権を生むとの懸念が出ていることに対して「1―3月期の融資には必ずリスクは含まれている。だが、それはコントロールできる範囲だ」と語った。
中国・大連ニュース